Macで外付けハードディスクドライブ・ストレージなどに書き込めないときの対処

この記事で使用しているOSは「macOS High Sierra」です。

書き込めなかった時の画像です。
テキストエディットで外付けHDDに保存しようとして「読み出し専用です。」と表示されました。

原因

Macで外付けHDD(ハードディスクドライブ)・ストレージなどに書き込めないことがあったのでメモ

原因は幾つかあると思いますが、ストレージのファイルシステムの場合があります。 今回は、ファイルシステムが原因の場合の対処方法です。

ファイルシステムというのは

ファイルシステム

OSがファイルを管理する仕組みのこと。ディスク上のファイルの配置やファイルへのアクセスなどの機能を持つ。採用されているファイルシステムはOSによって異なる。ファイルシステムとして、WindowsのFATやNTFS、Mac OSのHFS+などがある。

ファイルシステム(ファイル システム)とは – コトバンク

という感じでOSがファイルを管理する仕組みのこと何ですが、OSによって異なるということで

今まで、Windowsを使っていた場合はストレージのファイルシステムが「NTFS」というファイルシステムの場合があるので読み込みはできるけど、書き込めないということがあります。

Windows パソコンから Mac にファイルを転送する方法 – Apple サポートによるとMac OS X v10.3 以降では、NTFS でフォーマットされたドライブを読み取ることはできますが、最初にドライブを再フォーマット (その過程でドライブ上の既存のファイルも削除) しないと、新しいファイルを保存したり、既存のファイルを変更したりできません。

自分の場合は、これが原因でした。

対処

対処は、ファイルシステムを変更すればいいんですがMacとWindows両方使えるファイルシステムは「exFAT」というファイルシステムを使うことになります。

exFATをWindows XP SP2/SP3で使うには、マイクロソフトが公開している更新プログラムを適用しないと使えないみたいです。

それ以降のWindowsでは特に何もしなくても対応しています。

片方だけの場合

  • Mac→APFS(macOS High Sierra以降)やMac OS拡張(ジャーナリング)(HFS Plus)
  • Windows→NFTS

今回の記事では、WindowsとMacが両方扱える「exFAT」にフォーマット(初期化)しようと思います。

フォーマット(初期化)

初期化なのでファイルシステムを変更する外付けHDDやストレージからファイルのバックアップはしておいてください。

「ディスクユーティリティ」を立ち上げるのですが幾つかありますがFinderから立ち上げようと思います。

Finderのアプリケーションメニューから移動をクリックします。

ユーティリティをクリックします。

いくつかアプリがあるので「ディスクユーティリティ」を探して立ち上げます。

今はまだ何もしていないので「NTFS」です。

表示の部分から「すべてのデバイスを表示」を選択します。 ディスクユーティリティのアプリケーションメニューの表示からの操作も同じ動作です。

フォーマット(初期化)したい外付けHDDやストレージを選択します。

下の外付けHDDを使って記事を書いているので、一部名称が違う部分があったりするので 脳内で変換して見てください。

HD-LCU3というのをWindowsとMacの両方で扱える状態にしたいので、そのHD-LCU3の上にあるものを選択します。

BUFFALO Externa…となっているものです。

その左にある▼(下向きの三角形のやつ)をクリックすると目的のHD-LCU3が折りたたまれるので、これがHD-LCU3の大元なのでこれを選択します。

「消去」をクリックします。

名前が各種未設定では、わかりにくいのでわかりやすい名前を決めます。 今回は、HD-LCU3にしました。(画像は、各種未設定です)

フォーマットをクリックしてWindowsとMacの両方で扱いたいので「exFAT」を選択します。

それ以外の項目を簡単に説明します。

APFS・Mac OS拡張(ジャーナリング)は「Mac」のみ対応です。 NTFSは「Windows」で書き込みと読み込みができます。 Macは読み込みできますが書き込めないです。 exFATは、両方で扱えます。

  • APFS
    • Apple File Systemの略。macOS High Sierra から導入されたのでそれ以前のOSでは使えないです。iOS 10.3以降のiPhoneやiPadでも利用されています。
  • APFS(暗号化)
    • APFSのパスワードを設定できるものです。マウントする度にフォーマットする際に設定するパスワードを入力する必要があります。
  • APFS(大文字/小文字を区別)
    • OSを入れているストレージに使うとアプリが動かなかったり対応していなかったりするようです。 大文字/小文字を区別しないといけない場合などに使うのですが通常の利用だとあまり選択する必要はないと思います。
  • APFS(大文字/小文字を区別、暗号化)
    • APFS(大文字/小文字を区別)をパスワード要求するようにしたものです。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング)
    • macOS High Sierraより前のOSでも使いたい場合に選びます。 macOS High Sierraしか使わない場合は「APFS」でも大丈夫だと思います。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)
    • Mac OS拡張(ジャーナリング)のパスワードを設定できるものです。マウントする度にフォーマットする際に設定するパスワードを入力する必要があります。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)
    • OSを入れているストレージに使うとアプリが動かなかったり対応していなかったりするようです。 大文字/小文字を区別しないといけない場合などに使うのですが通常の利用だとあまり選択する必要はないと思います。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング、暗号化)
    • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)をパスワード要求するようにしたものです。
  • MS-DOS(FAT)
    • FAT32というものと同一みたいです。 1つのファイルの最大サイズが4GBまでと2TB以上のストレージに対応していないです。
  • exFAT
    • FAT32が1つのファイルが4GBまでというのが、exFATだと制限なしに扱えます。 256TBまでのストレージに対応しているということなのでこの辺は問題ないと思います。
  • Windows NTファイルシステム(NTFS)
    • セキュリティ面や圧縮、安定性などがWindowsに最適なファイルシステムです。 Windowsのみならこれで大丈夫です。

方式は

GUID パーティションマップ:すべての Intel プロセッサ搭載 Mac コンピュータに使用します。

マスター・ブート・レコード:MS-DOS(FAT)または exFAT としてフォーマットされる Windows パーティションに使用します。

Apple パーティションマップ:古い PowerPC プロセッサ搭載 Mac との互換性のために使用します。

macOS SierraのためのDisk Utility: 「ディスクユーティリティ」を使用して物理ディスクにパーティションを作成する

ということなのですが、マスター・ブート・レコードよりGUID パーティションマップの方が新しく、マスター・ブート・レコードが2TBまでの対応なので、今回使用する外付けHDDは3TBなのでGUID パーティションマップ選択します。

「消去」をクリックします。

処理が始まるので完了するまで待ちます。

処理が終了したら「完了」をクリックします。

これで書き込めるようになりました。

参考