再頒布可能パッケージをまとめてインストールしてくれる 「Visual C++ Runtime Installer (All-In-One)」

個別にインストールしたい場合は、別の記事にリンク先をまとめてます。
まとめていますが、こちらのソフトでインストールする方がファイルのバージョンが新しいです。

Download Visual C++ Runtime Installer (All-In-One) – MajorGeeks
http://www.majorgeeks.com/files/details/visual_c_runtime_installer.html

からダウンロードします。

ページに「DOWNLOAD LOCATIONS」とあるのでダウンロード先を選んでダウンロードします。

5秒ほど待ってもダウンロードが始まらない場合は、「CLICK HERE IF IT DOES NOT」をクリックするとダウンロードできると思います。
できない場合は、ブラウザを変えてみたりしてみるとできるかもしれません。

ダウンロードした「Visual C++ xx.exe」(xxの部分にはバージョンの数字が入ります。)を実行します。

ユーザーアカウント制御が表示された場合は「はい」を選択してください。

ファイルの抽出が始まります。

ファイルの抽出が終わるとコマンドプロンプトのウィンドウが表示されます。
キーボードのキーを入力します。

  • Yキー
    • 実行
  • Nキー
    • キャンセル
  • Iキー
    • メッセージを無視して実行

実行するとインストールする途中経過が表示されます。

すべての再頒布可能パッケージをインストールが完了すると「Press any key to exit…」と表示されるので何かキーを入力するとコマンドプロンプトのウィンドウが閉じるのでインストール完了です。

一気に再頒布可能パッケージをインストールする際に便利なソフトです。