ホームページとブログの違いと少しだけウェブについて

ホームページとブログってどこが違うのか気になったので調べてみました。☺

簡単に言うと
ホームページはウェブサイト(サイト)のことで
ブログは日記的なウェブサイト(サイト)っていう感じです。

ただし、上記のホームページの意味は誤用なんだそうです。

ホームページについて

本来の意味は
ブラウザを起動した際に表示されるページや、ホームボタン(ブラウザにある家のアイコンのボタン)を押した際に表示されるページのことです。

誤用されるようになったのは、個人的な考えですが
ブラウザの設定で起動した際に表示されるページや、ホームボタンを押した際に表示されるページを、ウェブサイトのトップページに設定していたのでトップページのことをホームページと呼ぶようになり、トップページに「ホームページにようこそ」やトップページに戻ることを「ホームに戻る」なんかが影響したんじゃないかなぁって思ってます。

もしかしたら、ホームページ・ビルダーなんかのウェブサイトを制作するソフトの名前なんかも関係しているかもしれませんね(^^)

ブログについて

ブログは、ウェブサイトの一種でウェブとログを繋げたウェブログという言葉を略した言葉です。

  • 大体のブログの特性
    • ウェブサイトはHTMLエディタなどでページ作りますがブログは文章を書くだけでページが作成される
    • 作成したページを簡単に編集したり修正したりできる
    • 作成したページに日付情報があるので時系列順に表示されたり、アーカイブやカレンダーなどのブログパーツで古いページが見れる
    • 日付以外にもカテゴリーなどで分類できる
    • デザインや見た目の変更が簡単
    • RSSが配信されている
    • 作成したページにコメントできる機能がある

おおまかにこんな感じです。
こういう機能を提供しているブログソフトやブログのレンタルサービスを使って簡単にウェブサイトを作成することができます。

ちなみにブログを執筆したり運用してる人のことを「ブロガー」と言ったりします。
(^◇^)
1つのブログを複数人で運営していたりする場合もあります。

このブログは、「WordPress」というブログソフトを使って運営しています。☺

そもそもウェブサイトやウェブページは何なのか

ウェブサイトやウェブページのウェブは、「World Wide Web」の「World Wide」を除いた「Web」です。
World Wide Webは、インターネットでウェブページのリンクをどんどん辿って様々なウェブページを閲覧できる仕組みのことです。
「World Wide Web」の略名がアドレスバーなんかで見る「WWW」です。
World Wide Webを日本語にすると、「世界的規模のクモの巣」っていう感じの意味だと思います。(^o^)

ウェブページは、ウェブ上にある1つの文書。
本で言うと1つのページですね😁

ウェブサイト(サイト)は、ウェブ上で複数のウェブページをまとめたもの。
本に例えると、本そのものですね(^^)

ウェブサイトを管理・運営している人が本の著者ってことになりますね。

有名なウェブサイトで例えるとYahoo JAPANという本があったり、Googleという本があるっていうことになります(^◇^)
ブログのトップページに過去の記事なんかへのリンクがあったりするのでウェブサイトということになりますね。

ちなみに世界で初めてのウェブサイトは1991年8月6日に誕生したそうです。